/

テスラ、4~6月最高益更新 中国販売がけん引

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
中国生産を始めた小型SUV「モデルY」の販売が好調だった(テスラ提供)

【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカーのテスラが26日発表した2021年4~6月期決算は売上高が前年同期比2倍の119億5800万ドル(約1兆3200億円)、最終利益は11倍の11億4200万ドルだった。中国で現地生産車の販売を伸ばし、売上高と最終利益はそろって四半期ベースで過去最高を更新した。

テスラの4~6月のEV世界販売台数は2.2倍の20万1304台となり、四半期ベースで初めて20万台の大台を突破した。21年に中国・上海の工場から出荷を始めた新型車「モデルY」の販売が好調だった。売上高と利益水準がそろって事前の市場予想を上回ったことから、26日の米国市場の時間外取引でテスラ株は終値を上回って取引されている。

同社は地域別の販売台数を明らかにしていないが、調査会社のマークラインズによると4~6月の中国での販売台数は3.1倍の約9万2000台だった。2.7倍の約6万8000台だった米国内の販売台数を大きく上回り、テスラにとって中国が最大のEV市場となった。

21年1~3月期までは他の自動車メーカーへの温暖化ガス排出枠(クレジット)の売却収入が業績を下支えし、最終損益からクレジット収入を差し引くと赤字となる計算だった。4~6月期決算では3億5400万ドルのクレジット売却収入を除いても最終利益は黒字の水準を保ち、EV販売で稼げる体質に変わりつつある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン