/

Microsoft、10~12月売上高4.4兆円 クラウド利用拡大

四半期で過去最高更新

(更新)
マイクロソフトの10~12月期売上高は400億ドルを超えた

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが26日発表した2020年10~12月期決算は売上高が前年同期比17%増の430億7600万ドル(約4兆4600億円)だった。クラウドサービスの利用拡大に新型ゲーム機の発売が重なり、四半期で初めて400億ドルを超えた。純利益は33%増の154億6300万ドルだった。

ネットワーク経由で演算能力を提供する「Azure(アジュール)」や職場向けのチャットアプリ「Teams(チームズ)」といったクラウド関連事業の売上高が34%増の167億ドルとなった。増収率は2四半期連続でプラスとなり、規模だけでなく拡大のペースが再び加速している。

背景にあるのが新型コロナウイルス下で浸透したリモートワークだ。10~12月期はアジュールの売上高が前年同期比50%増、文書ソフトなどをまとめたサービス「オフィス365(企業向け)」は21%増だった。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「デジタル変革の第2波が始まった」と指摘した。

7年ぶりに大幅刷新したゲーム機「Xbox」も業績の底上げに寄与した。Xboxやパソコン「サーフェス」といった消費者向け製品部門の売上高は14%増の151億2200万ドルだった。11月に2機種を発売したXboxのハードの売り上げが86%増えたほか、ゲームソフトや遊び放題パスといったサービス収入も40%増えた。

もっとも、ゲーム機は発売当初から需要に供給が追いつかず、機会損失も出ている。エイミー・フッド最高財務責任者(CFO)は電話会見で「供給の制約は続くだろう」と話した。一方、買い替えや買い足し需要が旺盛なサーフェスの売上高は10~12月期に3%増えて20億4500万ドルとなった。

アナリストらによる事前予想では売上高の増加率は16四半期ぶりに10%を切るとみられていた。実際にはクラウド利用の加速とゲーム販売による底上げで、売上高・純利益ともに2けた増を維持した。マイクロソフトの株価は26日の時間外取引で、終値を上回って推移している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン