/

イエレン氏、米財務長官に正式就任 職員を鼓舞

ハリス副大統領の立ち会いで宣誓するイエレン氏=AP

【ワシントン=長沼亜紀】ジャネット・イエレン前米連邦準備理事会(FRB)議長(74)が26日、ホワイトハウスでカマラ・ハリス副大統領らの立ち会いの下、宣誓し、第78代の財務長官に正式就任した。財務省の231年の歴史の中で初の女性長官となり、景気回復と格差是正を目指すバイデン政権の経済政策を担う。

イエレン氏は、財務長官、大統領経済諮問委員会(CEA)委員長、FRB議長の3つの要職を務めた初の人物にもなる。宣誓式には夫でノーベル経済学賞受賞者のジョージ・アカロフ氏も出席した。

イエレン氏はその後、財務省職員にメッセージを伝え、取り組まなければならない課題として、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機に加え、気候変動や人種差別、経済格差をあげた。「パンデミック収束まで米国民の暮らしが成り立つように支えなければならない」と述べ、その他の危機に長期的に対処する上でも財務省は主要な役割があると強調。「経済学は単なる理論ではなく、経済政策は人々の暮らしをよくする有力な手段になりえる」と職員を鼓舞した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン