/

ホンダ、閉鎖の英工場売却 不動産開発業者に

ホンダのスウィンドン工場から出荷される車(19年2月)=ロイター

【ロンドン=共同】ホンダが年内に閉鎖する英南部スウィンドン工場を、欧州などで不動産開発業を展開するパナトニに売却することが26日明らかになった。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が報じた。2019年に稼働終了を決めて以降、売り先を探していた。

ホンダはスウィンドン工場で乗用車「シビック」を製造してきたが、生産体制見直しの一環として閉鎖することを決めている。報道によれば、パナトニは買収するホンダ工場跡地に7億ポンド(約1060億円)を投じる考えを明らかにした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン