/

米やブラジルなど21カ国、キューバ政府に非難声明

抗議デモに参加するキューバ市民(11日、ハバナ)=ロイター

【ニューヨーク=外山尚之】米国務省は26日、ブラジルやイスラエル、韓国など20カ国とともにキューバ政府に対する非難声明を発表した。11日にキューバで発生した反政府抗議活動の参加者を逮捕したことに対する措置で、外圧を強める狙いだ。

共同の非難声明には中南米ではコロンビアやエクアドルなど親米の国が参加。欧州からはクロアチアやポーランドなどが名を連ねた。市民の抗議デモを認めないキューバ政府に対し、「すべてのキューバ人に対する、情報の自由な流通を含む、普遍的な権利と自由を尊重することを呼びかける」としている。

バイデン米政権は22日にキューバ国防相や内務省の特殊部隊に経済制裁を科すと発表したばかり。政権交代で対キューバ政策が緩和されるとの見通しもあったが、これまでのところ、トランプ前政権の強硬姿勢を継承している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン