/

この記事は会員限定です

「民主主義の妨害だ」米ジョージアの投票法、深まる分断

[有料会員限定]

米南部ジョージア州で3月下旬、有権者の投票権を制限する法律が成立した。黒人や低所得層への投票抑圧との見方が根強く、黒人差別と人種隔離を制度化した「ジム・クロウ法」の再来との声も上がる。2020年の米大統領選挙で、民主党のバイデン米大統領が共和党のトランプ前大統領を得票率差0.2ポイントで制した激戦州。民主主義の根幹を握る選挙権を巡り、分断が深まっている。

「おはようございます。有権者登録は済んでま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン