/

エクソンの物言う株主、取締役2席を獲得 株主総会で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
エクソンモービルのダレン・ウッズCEO=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米石油大手のエクソンモービルが26日開いた定期株主総会で、物言う株主が推薦した取締役候補4人のうち2人が選任された。株主投票で会社推薦の現職取締役が再任を阻まれるのは異例。物言う株主の経営への関与が強まり、エクソンは環境対策やガバナンス(企業統治)の改善で踏み込んだ対応を求められる。

石油大手を巡っては、オランダの裁判所が26日、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルに大幅な二酸化炭素(CO2)の排出削減を命じる判決を下すなど、世界的に脱炭素の圧力が強まっている。

エクソンが総会後に開示した株主投票の暫定結果によると、現職の取締役12人のうち8人が再任する一方、投資会社「エンジン・ナンバーワン」推薦の少なくとも2人が取締役に加わることが決まった。残り2人は確定していない。エクソンの定款では取締役候補が定員数を上回った場合、株主投票で上位の12人が就任することになっている。

最高経営責任者(CEO)と会長職の分離など他の株主が提案した7件の議案のうち、ロビー活動に関する報告を求めた2件も承認された。

投票結果は投資家のESG(環境・社会・企業統治)重視の姿勢を象徴している。エクソンの総会では、議決権行使助言会社の米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が就任が決まった2人を含む3人に賛成票を投じるよう株主に推奨した。米メディアによると、資産運用最大手でエクソン株の約6%を保有する米ブラックロックも賛成票を投じたもようだ。

エンジン・ナンバーワンは「現経営陣の環境対策の甘さが将来の配当をリスクにさらしている」と主張し、取締役の刷新を求めていた。同社が保有するエクソン株は全体の0.02%にすぎないが、多くの株主から賛同を得た。

エクソンの取締役会はエンジン・ナンバーワンが推薦する候補を承認しないよう株主に要請していた。総会直前の23日には1年以内にエネルギーと環境問題の専門家2人を取締役に追加すると株主に書簡を送ったが、聞き入れられなかった。

エクソンのダレン・ウッズCEOは投票結果について「新しい2人の取締役を歓迎し、建設的に協力できることを楽しみにしている」とコメントした。詳細な投票結果と残りの取締役は集計作業が終わり次第開示する。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン