/

この記事は会員限定です

ファーウェイなど5社の米国販売禁止 米中分離一段と

[有料会員限定]

【ワシントン=飛田臨太郎】米国政府は25日、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など中国5社の通信機器や監視カメラについて米国内で販売を事実上禁じたと発表した。米政府から補助金を受けた場合に適用していた措置を民間の活動全体に広げる。ハイテク分野を巡る米中分離が一段と深まる。

ファーウェイとZTEに加え、監視カメラの杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)と浙江大華技術(ダーファ・テクノロジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません