/

米労働当局、テスラCEOのツイート削除を命令

米労働当局はテスラのマスクCEOに過去のツイートの削除を命じた=AP

【シリコンバレー=白石武志】全米労働関係委員会は25日、米テスラが従業員の組織化を妨げようとして繰り返し労働法に違反したとの判断を下した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に対しては、労働組合結成への不快感を示したツイッター上の発言が従業員への「違法な脅迫」に当たるとして、該当する投稿の削除を命じた。

テスラの不当労働行為を訴える従業員らが2017年に同委員会に救済手続きを申し立てていた。同委員会は25日付の意見書のなかで従業員らの主張を大筋で受け入れ、組合結成活動に参加しテスラから解雇された元従業員を復職させるよう命じたほか、従業員に報道機関との接触を禁じるルールの撤廃などを指示した。

マスク氏は係争中の18年5月、ツイッターへの投稿の中で「なぜ無駄に組合費を払い、ストックオプションを放棄するのか」などと述べていた。同委員会はこの投稿について「従業員を違法に脅した」と結論付け、テスラに対しマスク氏に投稿を削除させるよう命じた。

全米労働関係委員会は労働法を執行する連邦政府の独立行政機関。テスラが同委員会の決定を不服とする場合には、連邦控訴裁判所に取り消しを求める訴訟を起こすことができる。25日夕時点でテスラからのコメントは得られていない。

米ハイテク業界では待遇改善などを求める従業員らが労組結成を目指す動きが広がっている。米アマゾン・ドット・コムがアラバマ州で運営する物流施設では2月から3月にかけて米国で同社初となる労組結成の是非を問う従業員投票が行われ、結果に注目が集まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン