/

この記事は会員限定です

米消費に「ウォルマートショック」 インフレで変調

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米国の国内総生産(GDP)の7割を占める個人消費が、インフレ下で変調している。米小売り大手ウォルマートが5月に続いて通期の業績予想を引き下げた「ウォルマートショック」は、25日の小売り各社の株安につながった。物価高が家計を圧迫し、消費者は食料品への支出を優先している。その影響で、衣料品を買い控えるなど節約志向を高めているとの見方が強まった。

ウォルマートは23年1月期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン