/

ファイザーの改良型ワクチン、オミクロン派生型に効果

【シリコンバレー=奥平和行】米製薬大手のファイザーと独ビオンテックは25日、開発中の新たな新型コロナウイルスワクチンについて、「BA.4」などの派生型を含むオミクロン型に対して臨床試験(治験)で一定の効果を確認できたと発表した。規制当局の承認が得られ次第、出荷を始めるとしている。

両社によると、56歳以上の1234人を対象に、2種類のワクチンを試験した。オミクロン型のみを対象にした新たなワクチンは接種後、現在のワクチンに比べて「BA.1」に対する中和抗体の量を最大19.6倍に増やした。従来型とオミクロン型の双方に対応するワクチンでも最大10.9倍に増やす効果を確認した。

米国などでは派生型のうち「BA.4」「BA.5」の感染者が増えており、対応が課題になっている。両社によると、開発を進めているワクチンの両派生型に対する効果は「BA.1」に対する効果と比べると約3分の1にとどまるという。ただ、一定の効果が確認できたとしており、今後数週間にわたってデータの収集を続けると説明した。

オミクロン型の派生型に対応するワクチンは米バイオ製薬のモデルナも開発を進め、22日に同様の効果が確認できたと明らかにしている。米食品医薬品局(FDA)は28日にワクチンに関する専門家の会合を予定しており、オミクロン型の派生型の感染増加を受けたワクチンの見直しについて検討する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン