/

バイデン氏、サウジ国王と電話 人権改善促す

25日、バイデン米大統領はサウジアラビアのムハンマド皇太子とは電話しなかった=ロイター

【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は25日、サウジアラビアのサルマン国王と電話協議した。米ホワイトハウスによると、バイデン氏は外交政策で人権や法の統治を重視する立場を伝えて改善を促した。サウジが介入するイエメン内戦の早期終結に向けた取り組みについても話し合った。

バイデン氏は「2国間関係の透明性を可能なかぎり高めていく」との考えを伝えた。2018年に起きたサウジの著名ジャーナリストの殺害事件をめぐり、トランプ前米大統領はサウジの実力者ムハンマド皇太子の関与を断定しなかった。米メディアによると米情報機関は近く公表する事件の調査報告書でムハンマド氏の関与を指摘する。トランプ氏が対イラン政策での協調や武器売却を優先し、ムハンマド氏を擁護したことが発覚する見通しだ。

トランプ氏はサウジ首脳との電話でムハンマド氏を相手とすることが多かったが、バイデン氏は避けた。ジャーナリスト殺害事件をめぐるムハンマド氏の責任を印象づけるためサルマン氏を選んだ可能性がある。バイデン氏は24日、記者団に対し、調査報告書を読んだと明らかにしていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン