/

ロシア当局、Facebookへのアクセスを制限 規制に対抗

(更新)

【シリコンバレー=奥平和行】米メタ(旧フェイスブック)は25日、ロシアで当局が同社のSNS(交流サイト)へのアクセスを制限したと明らかにした。メタが第三者のファクトチェックに基づいてロシア国営メディアの投稿を規制しているのに対し、ロシア側は違法と主張している。サイバー空間をめぐる攻防が激化してきた。

渉外などを担当するニック・クレッグ社長がツイッターで明らかにした。クレッグ氏は24日にロシア当局から国営メディアの投稿に対するファクトチェックや、問題がある投稿に警告を付記するといった規制を中止するように命じられたが、これを拒否したと説明した。

メタはロシア側がSNSを通じて偽情報を流すといった事態を懸念している。ウクライナにおける投稿監視を強めるため、24日に特別チームを立ち上げたと説明し、25日には国営メディアによる広告出稿を世界で禁止した。

一方、ロシア側はメタによるファクトチェックなどが市民の権利を保護する連邦法に違反すると主張している。通信監督庁の25日の発表によると、メタは国営のテレビ局や通信社などが運用する4つの公式アカウントを規制した。フェイスブックを「基本的人権などの侵害に関与するSNS」として認定し、通信速度を低下させたという。

ロシアの通信監督庁は2021年3月、「違法」な投稿の削除に応じなかったとして、米ツイッターにも同様の制限を課している。通信速度を低下させたうえで、すべての「違法」投稿を削除しなければサービスの遮断も検討すると警告した経緯がある。

調査会社のスタットカウンターによると、ロシアのSNS市場におけるフェイスブックの直近のシェアは17%。ロシア企業が運営する「フコンタクテ」に次ぐ2位につけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン