/

ファウチ氏、米の接種遅れに警鐘  マスク指針見直しも

think!多様な観点からニュースを考える
感染再拡大に対し、ファウチ氏は警鐘を鳴らす=ロイター

【シリコンバレー=佐藤浩実】バイデン政権のファウチ首席医療顧問は25日に米CNNの番組で、ワクチン接種の遅れる地域で新型コロナウイルス感染が再拡大していることについて警鐘を鳴らした。接種者に対するマスク着用指針の見直しについても「積極的に検討している」と明らかにした。

米国はワクチンの供給で世界に先行したが、地域による接種率のばらつきが大きく住民の半数はまだ接種を完了していない。ワクチンの接種率が相対的に低い中西部や南部では新規感染者が再び増えている。こうした状況についてファウチ氏は「間違った方向に向かっている」と述べた。

状況が改善しなければ冬季に最大で1日4000人が死亡するとの予測もある。ファウチ氏は「最悪のシナリオになるかはわからないが良い状況にはならない」と指摘した。

米疾病対策センター(CDC)が5月に緩和したワクチン接種者に対するマスク着用指針についても「積極的に(見直しを)検討している」と話した。西部カリフォルニア州のロサンゼルス郡などはワクチンを接種した人も含め、屋内でのマスク着用を再び義務化した。ファウチ氏はこうした地域の動きについて「地域には裁量があり、CDCの勧告と矛盾するものではない」と述べた。

米食品医薬品局(FDA)元長官のスコット・ゴットリーブ氏も同日のCBSの番組で、ワクチンを接種した人がマスクを着用することは「まだ役に立つ」と指摘した。ウイルスの感染力は高く「ワクチンを接種していても、自分があらゆる感染と無縁だと思わないほうがいい」と話した。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン