/

この記事は会員限定です

金利上昇と波乱懸念、マネーの行き先は(NY特急便)

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

25日の米株式市場ではリスク回避ムードが広がった。米国上場株の9割が下げるほぼ全面安の展開で、ダウ工業株30種平均の下げ幅は一時、600ドルを超えた。市場が最も警戒するのは、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を示唆し、大混乱に陥った2013年5月の「テーパー・タントラム(かんしゃく)」の再来だ。インフレ率と金利の動向をにらみながら、神経質な展開が続く。

「私はそれほど懸念していない」。25...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン