/

米黒人暴行死事件、元警察官に禁錮22年6月

(更新)

【ニューヨーク=共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月に起きた黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46)暴行死事件で、ミネアポリスの州地裁は25日、州法の第2級殺人などの罪で有罪評決を受けた白人の元警官デレク・ショービン被告(45)に禁錮22年6月(求刑禁錮30年)の量刑を言い渡した。米メディアが伝えた。

量刑は検察側の求刑には及ばなかった一方、前科がなければ禁錮12年前後が妥当とする州の指針は上回った。判事は遺族に対して「あなた方の感じている痛みが分かる」と述べた上で、量刑では被告が警官の地位を悪用したことや手口の残忍さなどを考慮したと明らかにした。弁護側は保護観察処分を求めていた。

事件は「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」と訴える人種差別抗議デモが全米に拡大するきっかけとなったが、今回の言い渡しで一つの節目を迎えた。

ショービン被告は量刑言い渡しに先立って発言し、遺族に哀悼の意を示した上で「心の安らぎを得られるよう願っている」と述べた。

遺族の代理人は、今回の量刑言い渡しにより「フロイド家とわが国は癒やしに一歩近づいた」との声明を発表した。フロイドさんの弟フィロニスさんは「肌の色で人を判断すべきではない」と述べ、人種差別解消に向けた取り組み継続を訴えた。

バイデン米大統領は25日、量刑について「全ての状況を知っているわけではないが、適切だと思われる」と記者団に述べた。

ショービン被告は4月に州地裁で有罪評決を受けていた。他に連邦法でも起訴されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン