/

この記事は会員限定です

ハリス氏、共和党圧力で国境訪問 不法移民対策「後手」

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=芦塚智子】米バイデン政権の不法移民対策を担当するハリス副大統領は25日、南部テキサス州エルパソの米メキシコ国境を視察し、政権の「人道的で秩序ある」移民政策を強調した。3月に不法移民対策の担当に就いて以来、共和党からの度重なる要求を受けての初訪問で、後手に回った印象は拭えない。国境の状況が悪化すれば来年の中間選挙にも影響しかねない。

「初めての国境訪問ではない」。ハリス氏は記者団に対し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン