/

この記事は会員限定です

中国製1円マスク、米国席巻 安保コストの議論置き去り

再興 Made in USA(中)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「1セント(1.1円)未満で売るなんて普通はできるわけない」。使い捨てマスクを生産する米プレミアムPPEの販売担当幹部、ブレント・ディリー氏は吐き捨てる。米国市場に流れ込む原価割れの中国製品に押され、苦境にあえぐ。

もともと同社は電子たばこを販売してきたが、新型コロナウイルスの流行を受けて2020年3月に業態を転換した。当時は医療従事者が洗って再利用するほどマスク不足が問題になり、つくった製品は飛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン