/

米仮想通貨交換Coinbase、売上高2倍 時価総額10兆円も

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ビットコイン価格の上昇が追い風に=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則】米暗号資産(仮想通貨)交換会社大手のコインベース・グローバルは25日、新規上場に向けて米証券取引委員会(SEC)に証券登録届け出書を提出した。2020年12月期決算の売上高は12億ドル(約1260億円)となり、前年同期に比べて2.3倍に膨らんだ。活発な売買で手数料収入が増えた。時価総額で1000億ドルを超える大型上場となる可能性が出てきた。

上場先にはナスダック市場を選んだ。取引開始日は明らかにしていない。株式公開にあたっては「ダイレクトリスティング(直接上場)」と呼ばれる手法をとる。通常の新規株式公開(IPO)は投資銀行が新株を引き受け、投資家の需要動向を見極めたうえで、前日に公開価格を決める。直接上場はこの手順をとらず、既存株主が直接、取引所で株式を売却する。データ解析を手掛ける米パランティア・テクノロジーズなど有力ハイテク企業が上場時に採用した。

コインベースは2012年に創業した米国最大規模の仮想通貨交換会社で、日本にも拠点を持つ。届け出書によると登録利用者数は20年末時点で4300万人、預かり資産額は900億ドルに達する。日本最大規模の仮想通貨交換会社ビットフライヤーの預かり資産(2892億円)の約30倍だ。仮想通貨売買プラットフォームの運営に加え、機関投資家や事業会社向けに仮想通貨の保管・管理サービスを提供するカストディ業務などを手掛ける。

収入の大半は仮想通貨の取引に応じて徴収する手数料だ。ビットコイン価格の上昇ピッチが速まった20年10~12月期は取引量が急増。売上高は5億8500万ドルとなり、前年同期比5.9倍に膨らんだ。最終損益は1億7600万ドルの黒字(前年同期は2700万ドルの赤字)で、純利益率は30%に達した。ビットコイン価格は5万ドルを突破するなど1月以降、一段と上昇しており、業績は引き続き好調とみられる。

投資家は高い収益力にひきつけられている。新興ニュースメディア「アクシオス」によるとコインベース株はナスダックの未公開株取引プラットフォームで売買されており、直近では1株373ドルで取引が成立したという。時価総額に換算すると1000億ドルを超える。先物やオプション取引大手のCMEグループ(時価総額約720億ドル)や、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所(同約620億ドル)を大きく上回る水準だ。上場初日の取引に注目が集まる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン