/

米モデルナ、ワクチン売上高2兆円に 21年見通し

米モデルナは21年12月期の新型コロナワクチン売上高が184億ドルになると見込む=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米バイオ製薬モデルナは25日、開発する新型コロナウイルスワクチンの2021年12月期通期の売上高が、184億ドル(1兆9500億円)になるとの見通しを発表した。同ワクチンは既に世界に6000万回分を供給しており、21年に少なくとも7億回分を供給する計画だ。

モデルナのワクチンは、昨年12月に米食品医薬品局(FDA)が緊急使用を承認。米国向けには既に約5500万回分のワクチンを供給しており、7月末までに3億回(1.5億人)分を供給する見通し。前日にはワクチンの生産見通しを上方修正しており、21年に7億回分、22年に14億回分を供給すると表明した。21年については、10億回分まで引き上げることを目指している。

同日発表した20年12月期決算は、最終損益が7億4700万ドルの赤字(前の期は5億1400万ドルの赤字)だった。新型コロナワクチンの開発に伴い、研究開発(R&D)費用が13億7千万ドルと前年の3倍近くに膨らみ、利益を押し下げた。売上高は前の期の13倍超となる8億ドルだった。

米製薬大手ファイザーは、独ビオンテックと共同開発する新型コロナワクチンの売上高が21年に150億ドルになると見込んでいる。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン