/

この記事は会員限定です

過去100年で最も遅い公式会見、失言多く慎重対応

[有料会員限定]

【ワシントン=芦塚智子】バイデン米大統領の就任後初の公式単独記者会見は就任から65日目の開催となった。過去約100年の大統領の中で最も遅かった。バイデン氏は失言が多く、慎重に対応したとみられる。

ホワイトハウスのイーストルームで約1時間にわたった記者会見では、新型コロナウイルス対策を理由に記者席を30席に限った。バイデン氏は用意された記者のリストから主要メディアの記者10人を指名した。

記者会見で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン