/

バイデン氏、トランスジェンダーの米軍入隊禁止を解除 

【ワシントン=芦塚智子】バイデン米大統領は25日、トランスジェンダー(出生時の性と自身の認識する性が一致しない人)の米軍入隊を原則禁止したトランプ前政権の方針を撤廃する大統領令に署名した。バイデン氏はLGBTQ(性的少数者)の権利保護を公約の1つに掲げている。

バイデン氏は署名式で「(大統領令により)資格のある全ての米国民が兵士として国のために尽くすことができるようになる」と述べた。オースティン国防長官も声明で「自認するジェンダーにかかわらず最良の才能を活用すべきだ。正しいだけでなく賢い措置だ」と強調した。

国防総省によると、2016年の調査では自身をトランスジェンダーと認識する米兵が約9千人いた。トランプ前大統領は17年7月にツイッターでトランスジェンダーの米軍入隊・在籍を禁止すると表明。これを受けて米軍は19年4月から少数の例外を除いて入隊を原則禁止していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン