/

カリフォルニア州、外出規制を緩和 死者数は高水準

カリフォルニア州はレストランの屋外営業などを禁じる外出制限令を解除した。(写真は制限令に伴いテーブルや椅子を片付けた屋外飲食スペース、20年12月)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米カリフォルニア州は25日、新型コロナウイルス対策の外出規制を緩和すると発表した。理髪店の営業やレストランの屋外飲食などを禁じていたが「感染拡大の速度が緩やかになった」として、今後は郡と呼ぶ地域ごとの判断に委ねる。ただ全米最多の3900万人が暮らす同州では今も1日500人規模の人が亡くなっており、収束にはほど遠い。

2020年12月3日に出した「地域別外出制限令」を25日に解除した。制限令は集中治療室(ICU)のベッドの空き状況を基に、美容院やネイルサロンの営業を禁じたり、レストランの営業を宅配と持ち帰りだけに制限したりしていた。クリスマスや年末年始の感染拡大を抑える狙いがあり、州人口の9割以上が住む地域が規制の対象になっていた。

米疾病対策センター(CDC)によれば、カリフォルニア州の新規感染者数(7日移動平均)の直近のピークは1月13日の4万2687人。23日には同2万6399人まで減少し、検査を受けた人数に占める陽性確認者の割合も低下した。マーク・ガリー州厚生長官は「州は最も危険な状態からゆっくりと脱出し始めている」と指摘した。

一方で、23日の死者数(7日移動平均)は485人に上り、コロナの感染拡大以降で最多の水準に近い状況が続いている。州南部など現時点でICUのベッドの空きがほとんどない地域もあり、このタイミングでの規制緩和を疑問視する声も出ている。

同州の外出制限令をめぐっては飲食店経営者から「厳しすぎる」と不満の声が出ており、行政を訴える動きがあった。州南部を中心に、ニューサム知事のリコールを求める運動も広がっていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン