/

米メルク、コロナワクチンの開発中止 効果に見劣り

(更新)
米製薬大手メルクは、新型コロナワクチンの開発を中止した=AP

【ニューヨーク=野村優子】米製薬大手メルクは25日、新型コロナウイルスワクチンの開発を中止すると発表した。初期段階の臨床試験(治験)の結果によると、接種後の免疫反応が他社のワクチンと比べて劣っていたという。生産能力なども踏まえて、2つの新型コロナ治療薬の開発に集中する方針だ。

メルクは先行するファイザーやモデルナなどに遅れ、買収や協業を通じて新型コロナワクチンを開発する目標を掲げていた。ワクチン開発に強みを持つオーストリアのテミス・バイオサイエンス買収と、非営利の国際組織「国際エイズワクチン推進構想(IAVI)」との協業によって2種類のワクチン開発を進めてきたが、両方中止した。開発中止に係る費用は2020年10~12月期に計上される。

一方、2つの新型コロナ治療薬の開発は継続する。うち1つの治療薬「MK-7110」は、米バイオ製薬ベンチャーのオンコイミューン買収を通して取得。20年12月末には、米政府と6万~10万回分を3億5600万㌦(約370億円)で供給する契約を締結したと発表していた。6月末までに最大10万回分の出荷を目指している。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン