/

この記事は会員限定です

不適切投稿、日本では対策不備 SNS巡りメタ内部文書

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

管理体制、国ごとに濃淡か

陰謀論など真偽不明な投稿について、米SNS(交流サイト)大手の日本での対策が後手に回っている。メタ(旧フェイスブック)の内部文書で非英語圏での投稿管理の不備を認める文言が見つかった。世界でサービスを展開する同社は不適切な投稿を削除していると説明するが、国によって濃淡があるようだ。

元社員のフランシス・ホーゲン氏が持ち出した内部文書を日本経済新聞を含む報道機関のコンソーシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン