/

Facebook、ミャンマー軍の利用を禁止

米フェイスブックは投稿内容への管理を強めている(米カリフォルニア州メンロパーク市の本社)

【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックは24日、クーデターを起こしたミャンマー国軍によるサービスの利用を禁止したと発表した。「サービス利用を許容し続けるリスクが大きすぎる」と判断した。

SNS(交流サイト)に加え、同社が運営する画像共有アプリ「インスタグラム」の利用を禁止した。国軍のほか、国軍が支配するメディアなどによる利用も認めない。また、国連が発行した報告書に基づき、国軍系企業による広告出稿も禁じる。いずれも無期限としている。

ミャンマーの状況について「緊急事態」と説明し、国軍が人権侵害を繰り返してきたことや暴力行使のリスクが高いことを利用禁止の理由として挙げた。利用規約への違反を重ねてきたことも問題視している。

ミャンマーではクーデターの直後にインターネットが不通になったが、現在は深夜と早朝を除き利用可能な状態に戻っている。フェイスブックのサービスは日中でも接続できない状態が続いているものの、多くの市民はVPN(仮想私設網)を使うことで利用を続けているもようだ。

フェイスブックは「真実の裁定者にならない」(マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者)として投稿への介入を避けてきたが、社会的な反発を受けて部分的に規制する方針に転じている。2020年10月に過激な陰謀論を信じる「Qアノン」に関する投稿削除を決め、1月の米連邦議会議事堂の占拠事件を受けて当時のトランプ大統領のアカウントを凍結した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン