/

この記事は会員限定です

Google、個人情報保護の難路 独占懸念で広告制限延期

[有料会員限定]

米グーグルが広告企業によるインターネット閲覧履歴の利用などを制限する計画を延期する。欧米の競争当局が個人情報の保護策は市場支配力の強化につながると懸念し、広告業界などからも不満の声が上がっているためだ。多くの事業とステークホルダーを抱える巨大IT(情報技術)企業の難しい立場が浮き彫りになっている。

「取り組みには相当の前進があるものの、業界として適切に対応するためにはさらに時間が必要だ」。グーグル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン