/

この記事は会員限定です

オフィス再開、だけど僕らは旅に出る 米国変わる働き方

シリコンバレー支局 佐藤浩実

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で閉じたオフィスを再開する動きが米国で広がってきた。望めばすぐにワクチンを接種できる環境が整い、金融機関やIT(情報技術)など多くの企業が約1年ぶりに従業員を迎えている。ただ、単純に以前の姿に戻ると見る向きは少ない。働き手や企業はどう考えているのか。

5月下旬、米西海岸のシリコンバレーで暮らすウェブデザイナーのニック・ヘラシメンカさん(32歳)は妻とともに旅立ちの準備をして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン