/

NYダウ90ドル高、11月以来の最高値 消費関連に買い

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=大島有美子】米株式市場で29日、ダウ工業株30種平均が過去最高値を更新した。前日比90ドル42セント(0.2%)高の3万6488ドル63セントで終えた。11月8日につけた直近の最高値(3万6432ドル22セント)を56ドル(0.2%)上回った。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大が続くが、重症化しにくいとの見方が広がる。米経済への悪影響は限られるとの思惑から、株式市場では買いが優勢となった。

ダウ平均は6日続伸した。足元のオミクロン型のまん延が大規模な経済活動の制限にはつながらず、米消費は堅調に推移するとの声が多い。個別株では小売り大手のターゲット(1.3%高)やホームデポ(1.1%高)、スポーツ用品のナイキ(1.4%高)など消費関連株の買いが目立った。

S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズのハワード・シルバーブラット氏の集計によると、ダウ平均は21年に入り、29日までに45回、最高値を更新した。

多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も最高値を更新した。更新回数は同70回となった。年間の最高値の更新回数は1995年(77回)に次ぐ高水準となっている。投資家の買い意欲は強く、米株式相場は年間を通じて上昇基調を保っている。

一方で、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は29日、前日比で0.1%下落した。目先の利益を確定するための売りも出ており、電気自動車のテスラ(0.2%安)やアマゾン・ドット・コム(0.9%安)などが下げた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン