/

テスラ、米ネバダ州でEV電池増産 4600億円を追加投資

【シリコンバレー=白石武志】米テスラは24日、巨大電池工場を運営する米西部ネバダ州に36億ドル(約4600億円)を追加投資すると発表した。小型電気自動車(EV)200万台分に相当する100ギガ(ギガは10億)ワット時の年間生産能力を持つ電池工場を追加する。同社初の商用車である電動トラックの量産工場も新設する。

テスラは2017年からネバダ州でパナソニックホールディングス(HD)と巨大電池工場「ギガファクトリー」を共同で運営してきた。テスラは累計投資額が62億ドルとなり、これまでに1万1000人を超える直接雇用を生み出したと説明している。

ネバダ州内に建設する新たな電池工場では3000人を追加雇用し、従来よりも大型で容量が約5倍の新型電池「4680」を生産する。ネバダ州内の既存工場を含む年間生産能力は現在の約40ギガワット時から約3.5倍の約140ギガワット時に増える見込みだ。

ネバダ州内では電動トラック「セミ」の量産工場も建設する。17年に試作車を公表した際には19年の生産開始を表明していたが、部品の供給不足などを理由に計画が遅れていた。テスラはこれまで同州内で試験的に生産しており、22年末には米飲料大手ペプシコへの納車を始めていた。

テスラが23年1月2日に発表した22年のEV世界販売台数は21年比40%増の131万3851台だった。通年ベースで過去最多を更新したものの、前年比50%超の増加としていた当初の目標は下回った。株式市場ではテスラ製EVの需要が伸び悩んでいるとの懸念が広がっており、25日に発表する22年10〜12月期決算に注目が集まっている。

テスラは販売をてこ入れするため、22年10月以降に中国や日本、米国などで相次いで主力車種の値下げに踏み切った。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は基幹部品である電池への継続的な投資を表明することで、成長減速への懸念を払拭する狙いとみられる。

NIKKEI Mobility

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

イーロン・マスク

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に関する最新ニュースをまとめました。Twitter買収を巡る問題、宇宙ビジネスのスペースXの最新動向など関心の高い話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません