/

この記事は会員限定です

稼げる農業で環境に配慮 米イリノイ大学作物学部

UPDATE知の現場 

[有料会員限定]

米イリノイ大学が、米国で注目されるリジェネラティブ(環境再生型)農業の普及プロジェクトを始めた。気候変動など環境問題への対策を取り入れながら生産性を向上させる「稼げる農業」を公民学と連携して実践する。農家を巻き込んで土壌への炭素隔離の商業化に挑むなど、様々な実験をしている。

シカゴから南に車で約2時間走ったところに、3世代農家のジョン・ケイブニーさん(71)が営むケイブニー農場が広がる。イリノイ大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン