/

この記事は会員限定です

米中統治対立に投資家のジレンマ

一目均衡 米州総局 田口良成

[有料会員限定]

米上場の中国企業の動向が注目を集めている。米中が互いに「国家安全保障」を掲げ、資本市場を舞台にしたさや当てが激しいからだ。

中国の趙立堅副報道局長は20日の記者会見で、米欧や日本などの各政府・機関が中国のサイバー攻撃を一斉に非難したことに反発した。「(中国セキュリティー大手)奇虎360科技によれば、米中央情報局(CIA)の組織は中国の企業や政府機関を長年、攻撃してきた」という。

奇虎360は201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン