/

ステランティスとサムスン、米インディアナにEV電池工場

【ニューヨーク=堀田隆文】欧州ステランティスと韓国電池大手サムスンSDIは24日、米中西部インディアナ州に電気自動車(EV)など電動車向けの電池を生産する合弁工場を設けると発表した。2025年の稼働を目指し、現地で1400人の新規雇用を生むとしている。2社は21年に米国に電池合弁を設けることを公表していたが、建設地は未定としていた。

24日の発表では、合弁会社の投資額は最大で31億ドル(約3900億円)になる可能性があると説明した。生産規模については、当初は年産23ギガワット時の生産能力を目指し、数年後には同33ギガワット時に積み上げていくとした。今年後半に建設作業を開始するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン