/

アルゼンチン、IMFから4700億円調達 債務や外貨対応

特別引き出し権を活用

アルゼンチンのグスマン経済相=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチン政府は24日、国際通貨基金(IMF)から43億5400万ドル(約4700億円)を調達すると発表した。特別引き出し権(SDR)を活用する。債務問題の抜本的な解決には遠いものの、当面の債務返済や外貨準備高の補充に活用される見通しだ。

SDRは危機時などにドルやユーロなどを引き出せる権利。新型コロナウイルスの影響で資金繰りに苦しむ新興国を支援するため、主要7カ国(G7)や20カ国・地域(G20)で拡充に向けた議論が進んでいた。

アルゼンチン政府は現在、IMFと450億ドル規模の債務について再編交渉を行っており、グスマン経済相は23日からIMFのゲオルギエバ専務理事と会談している。グスマン氏はゲオルギエバ氏に対し、「重要な成果で、リーダーシップに感謝したい」と感謝の念を表明している。

現在、アルゼンチン政府は日米欧などで構成するパリクラブ(主要債権国会議)に対する24億ドルの支払いが5月末に控えているほか、外貨準備高の減少も問題となっていた。当面のデフォルト(債務不履行)の懸念は遠ざかった形となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン