/

Amazonが映画製作MGM買収 9200億円、動画配信強化

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
MGMは人気スパイ映画「007」シリーズなどの製作で知られる=ロイター

【ニューヨーク=白岩ひおな、シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは26日、米映画製作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を買収すると発表した。債務を含む買収総額は84億5000万ドル(約9200億円)。人気スパイ映画「007」シリーズなどの製作で知られるMGMを傘下に収め、2億人を超える有料サービス「プライム」会員向けの動画コンテンツを拡充する。

MGMは1924年設立の老舗で、「ロッキー」や「ロボコップ」などの映画や「ピンクパンサー」などのテレビ番組を手掛けている。過去にはソニーが出資し業務提携していたが、2010年の経営破綻を経て現在は米ヘッジファンドのアンカレジ・キャピタル・グループなどが株式を保有している。

アマゾンは有料サービス「アマゾンプライム」の会員向けに、「プライム・ビデオ」の名称でインターネット経由の動画配信サービスを提供している。MGMの買収によって同社の手がける人気作品を自社サービス上で配信できるようにして、動画配信市場で競合する米ネットフリックスや米ウォルト・ディズニーに対抗する狙いだ。

プライム・ビデオとアマゾン・スタジオ部門のマイク・ホプキンス上級副社長は声明で「才能あるチームと共に、MGMの知的財産の宝庫を再構築し発展させていく」と述べ、新たなコンテンツ作りに取り組む考えを示した。

アマゾンは「プライム・ビデオ」で独自コンテンツの制作にも力を入れている=ロイター

「巣ごもり消費」の拡大で動画配信市場は大きく伸びている。ネットフリックスの会員数は2億人を超え、ディズニーの「ディズニー+(プラス)」の会員数も19年秋の参入から1年半足らずで1億人を超えた。

アマゾンを含む3社はコンテンツの制作や獲得に年間100億ドル超を投じるなど、優れたコンテンツの獲得競争も激しさを増す。17日には米通信大手AT&Tがネット動画配信の強化に向け、傘下のメディア事業「ワーナーメディア」を分割してメディア大手の米ディスカバリーと統合すると発表した。

MGMの買収に成功すれば、アマゾンにとって2017年に137億ドルで買収した米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットに次ぐ、過去2番目に大きなM&A(合併・買収)となる。ただ、米議会や独禁当局は近年、米IT(情報技術)大手によるM&Aが競争を阻害していないかどうかに関心を強めている。アマゾンにとっては独禁当局による審査が今後のハードルとなりそうだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン