/

この記事は会員限定です

Amazon、「万能AI」開発競争に背 アレクサも実用重視

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムが人工知能(AI)開発で独自の道を歩み始めた。ライバルが開発にしのぎを削る「万能AI」とは距離を置き、音声AI「アレクサ」では多言語対応など実用性とユーザーの利便性を優先する。先端技術投資でも顧客第一の経営理念を徹底するが、次世代競争に出遅れるリスクも抱える。

「汎用人工知能(AGI)」と呼ばれる万能AIの研究は、1つの大規模なコンピューターの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン