/

米、低所得層にマスク配布 2500万枚以上を無料で

バイデン米大統領㊨に指名されたザイエンツ新型コロナ対策調整官㊧=ロイター

【ワシントン=共同】米ホワイトハウスは24日、新型コロナウイルス対策として3月から低所得層向けにマスク2500万枚以上を無料配布すると発表した。全米各地の保健施設約1300カ所と食料配給拠点約6万カ所で配布し、1200万人以上に行き渡らせる計画だ。

バイデン政権は国民にマスク着用の徹底を求めている。ザイエンツ新型コロナ対策調整官は記者会見で「多くの低所得者は、こうした基本的な防護策にも手が届かない」と無料配布の理由を説明した。

厚生省が国防総省などと協力し、洗って繰り返し使える布製マスクを1人当たり2枚配る。米政府によると、地域の保健施設を利用するのは保険に加入していない低所得層が多く、60%が非白人という。

トランプ前政権は昨年8月、学校再開を後押ししようと全米の学校にマスクを最大1億2500万枚配布すると発表したものの、積極的に着用を促すことはなかった。バイデン政権は連邦政府の建物に出入りしたり、州をまたぐ公共交通機関で旅行したりする際の着用を義務化している。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン