/

首相、バイデン氏と会談 中国のTPP加盟など議論

菅首相とバイデン米大統領(4月の共同記者会見)=ロイター

【ワシントン=竹内宏介】訪米中の菅義偉首相は24日午後(日本時間25日未明)、ホワイトハウスでバイデン米大統領と会談した。中国と台湾による環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請などを議論する。

日本は閣僚級会合「TPP委員会」の2021年の議長国を務める。中台のTPP加盟に関する認識を擦り合わせ米にTPP復帰を促す。

4月の会談後にまとめた共同声明では52年ぶりに「台湾海峡」の文言を明記し、中国に対峙する姿勢を鮮明に打ち出した。今回の会談でも改めて方針を確認するとみられる。

両氏はこれに先立ちオーストラリア、インドを含めた4カ国首脳による初の対面会談に出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン