/

首相、国連総会で東京五輪の成果報告 北朝鮮を非難

(更新)
菅首相は24日、国連総会の一般討論でビデオ演説した(国連のウェブテレビ)=AP

【ワシントン=竹内宏介】菅義偉首相は24日(日本時間25日未明)、米ニューヨークで開催中の国連総会の一般討論でビデオ演説した。今夏の東京五輪・パラリンピックについて「開催国として責任を果たしやり遂げることができた」と強調した。各国への感謝の意も表明した。

演説は23日からの訪米前に事前収録した。「人類が大きな困難に立ち向かう中、世界の人々の団結を象徴する大会となった」と述べた。新型コロナウイルス禍が念頭にある。

北朝鮮による弾道ミサイル発射を「わが国と地域、国際社会の平和と安全を脅かす」と非難した。北朝鮮による日本人拉致問題の解決は「一刻の猶予もない」と指摘した。

アフガニスタン情勢に関して「再びテロの温床となることを食い止めなければならない」と連携を呼び掛けた。ミャンマーの民主化を後押しするとも言及した。

途上国などへの新型コロナワクチン供給量を上積みする方針も示した。合計6000万回分を供給すると説明した。首相は6月に3000万回分を供給すると言明している。すでに2300万回分を届けたとも説いた。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン