/

この記事は会員限定です

ウクライナ侵攻、経済に3つの重荷 原油150ドル予想も

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】ロシアのウクライナ侵攻を受けて、市場関係者は経済シナリオの見直しに動いている。米ムーディーズ・アナリティクスは紛争の長期化で原油価格が1バレル150ドルに達し、欧州経済は四半期ベースで一時マイナス成長に陥るとみる。英オックスフォード・エコノミクスは今回の紛争が世界全体の域内総生産(GDP)成長率を0.2%押し下げると試算した。インフレの加速と世界貿易の停滞、マーケットの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン