/

米フォード、独工場の売却検討 中国BYDと交渉

【ニューヨーク=堀田隆文】米フォード・モーターがドイツ工場の売却を検討していることが24日明らかになった。独国内では、西部ケルンと同ザールルイにそれぞれ完成車工場を持っており、そのうちザールルイ工場の売却に向け、中国の電気自動車(EV)大手である比亜迪(BYD)などと交渉に入るという。関係者の話として米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

ザールルイ工場は小型車「フォーカス」を生産している。フォードは米欧市場でEVに集中する戦略で、コストを抑えつつEVの生産体制を整えるため、生産拠点を絞るという。BYDなどとの交渉は初期段階で、売却は実現しない可能性があるとしている。

フォードは欧州事業の再編を進めている。別途、ケルンの工場でも従業員を削減する可能性があると、独の産業別労働組合であるIGメタルが明らかにしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません