/

11月の米消費者態度指数、確報値も10年ぶり低水準

【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が24日発表した11月の消費者態度指数(確報値)は67.4で前月から4.3ポイント低下した。速報値(66.8)からやや上向いたが、2011年11月以来10年ぶりの低水準となった。急激な物価上昇で消費者景況感は落ち込んだ。

ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(66.8程度)は上回った。「現在の景況」は73.6で4.1ポイント、「今後の見通し」は63.5で4.4ポイントそれぞれ低下した。

調査担当者は、景況感悪化の要因として、物価上昇とそれを抑制する有効な政策がとられてない点をあげた。

予測インフレは1年先が4.9%、5年先が3.0%だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン