/

米当局、J&Jのワクチン「有効」 予防効果66%

実用化に一歩近づいた米J&Jのコロナ向けワクチン=AP

【ニューヨーク=西邨紘子】米食品医薬品局(FDA)は24日公表の報告書で、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、緊急使用の承認に必要な予防効果や安全性を満たすとの判断を示した。早ければ週内にも承認される可能性がある。実用化すれば米国で3例目となる。

報告書によると、J&Jのワクチン接種から約1カ月後の時点で、全体の予防効果は約66%だった。効果は地域によりばらつきがあり、米国では72%、変異ウイルスが流行する南アフリカでは64%だった。重症化の予防では、米国が86%、南アフリカが82%といずれも高い効果が確認された。

接種後の主な副作用は頭痛や倦怠(けんたい)感などで、重篤なアレルギー症状などの報告はなかった。

J&Jは2月4日、FDAにこのワクチンの緊急使用許可を申請した。今回公表された報告書は、26日に予定されているFDAの第三者委員会向けの資料として用意された。委員会はこの会合で、FDAにJ&Jのワクチンの緊急使用について、承認を勧告するかを議論する。米メディアは関係者の話として、早ければ週内にもFDA承認がおりる可能性があると報じている。

J&Jのワクチンが承認されれば、米国で初の1回接種タイプとなる。輸送や保管に特別な設備を必要としないため、接種ペースの加速につながるとの期待がある。J&Jはすでに生産に入っており、直近では米国むけに3月末までに2000万回分の供給が可能との見通しを出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン