/

米モデルナ、ワクチン売上高2兆円超に 22年見通し

【ニューヨーク=野村優子】米バイオ製薬モデルナは24日、開発した新型コロナウイルスワクチンの売上高が、2022年12月期通期に前期比7%増の190億ドル(約2兆1800億円)になるとの見通しを発表した。

モデルナ製の新型コロナワクチンは20年12月に米食品医薬品局(FDA)などが緊急使用許可を出し、米国ではファイザー製に次ぎ2番目に接種されている。世界70以上の国・地域で接種が認められており、21年のワクチン売上高は177億ドル、供給量は8億700万回分だった。

22年の各国政府との購入契約は既に190億ドルとなり、22~23年の追加接種の供給についても議論を進めているという。22年秋に向けて変異型「オミクロン型」に特化したワクチンのほか、オミクロン型と従来型のウイルスの双方への効果を高めた次世代型ワクチンの開発も進めていることも発表した。

同日発表した21年10~12月期決算は、売上高が前年同期比12.6倍の72億ドル、最終損益が48億ドルの黒字(前年同期は2億7200万ドルの赤字)だった。新型コロナワクチンの売上高が69億ドルとなり、押し上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン