/

この記事は会員限定です

米小売り、コロナ後へ店舗機能刷新 実験店やネット連動

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、河内真帆】米小売り各社の2021年5~7月期決算が24日、出そろった。新型コロナウイルスのワクチン普及で経済再開が進み、インターネット通販は伸びが鈍化した。集客のため各社が力を入れるのが実店舗の強化だ。オンラインの機能を融合した店舗や、修理などのサービス需要に対応した実験店が相次ぐ。専門店とタッグを組んで既存店の訴求力も高め、ネット通販の拡大で取り込んだ若者など新規顧客...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン