/

服役40年超、米で冤罪認定 黒人男性釈放

【ニューヨーク=共同】米中西部ミズーリ州の裁判所は23日、3人を殺害した罪で1979年に終身刑を受けて服役していた黒人男性の冤罪を認めた。直接の物証がなく、有罪の根拠となった証言が撤回されたことが理由。男性はただちに釈放された。米メディアが伝えた。冤罪で服役した期間は42年を超え、同州では最長、全米でも有数の長さになるという。

冤罪が認められたのはケビン・ストリックランドさん(62)で、78年に同州カンザスシティーで20代の男女3人が殺害された事件で逮捕された。親族がアリバイを証言し、犯行と結び付く物証はなかったが、全員が白人の陪審に50年間仮釈放なしの終身刑を言い渡された。

唯一の目撃者として公判で証言した女性が後に「警察から圧力を受けた」として証言の撤回を求めていた。

中西部ウィスコンシン州では今月19日、黒人差別への抗議デモに参加した2人を射殺した罪に問われた白人男性(18)に対し、陪審員が無罪評決を出した。陪審員計12人のうち、11人が白人、1人がヒスパニック(中南米系)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン