/

米、高齢者らに3回目接種開始 バイデン氏呼びかけ

(更新)
 24日、米イリノイ州の病院で、新型コロナワクチンの3回目接種を受ける退役軍人(ゲッティ=共同)

【ニューヨーク=野村優子】バイデン米大統領は24日、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンについて、3回目の追加接種(ブースター接種)を開始すると表明した。対象は65歳以上の高齢者ら。同日から各地で接種が始まった。

追加接種はファイザー製の2回目を接種してから6カ月後となる。全米4万カ所の薬局を含め、8万カ所の医療機関などで接種できる。対象は65歳以上と基礎疾患を持つ重症になるリスクの高い人、医療従事者ら感染リスクの高い職に就く人の全米6000万人で、このうち24日時点で接種可能となるのは2000万人という。

米食品医薬品局(FDA)の承認と米疾病対策センター(CDC)の勧告を受け、追加接種が可能になった。バイデン氏は同日の会見で「3月までにファイザー製を接種完了して対象者であれば、今、追加接種が可能だ。追加接種をしてください」と呼びかけた。自身も追加接種の対象だとして、できるだけ早く接種するという。

モデルナ製とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製については、追加接種がまだ認められていない。バイデン氏は「これらのワクチンは引き続き高い予防効果を維持している。追加接種がいつ必要になるか、データを精査中だ」と述べた。バイデン政権は当初、ファイザー製とモデルナ製について、9月下旬から幅広い年齢層を対象に追加接種を開始する計画だった。

CDCは24日未明、65歳以上や重症化リスクの高い人、感染リスクの高い職に就く人の追加接種を勧告した。CDCが23日に開いた諮問委員会では、追加接種の必要性に関するデータなどが不足しているとして、感染リスクの高い職に就く18~64歳への追加接種は推奨しないと結論づけていた。

諮問委の提言に拘束力はないものの基本的に採用されるため、CDCがこれに反して勧告するのは異例だ。CDCのワレンスキー所長は24日の会見で「入手可能なデータが限られるなか、難しい判断だった。職業に基づく勧告については(諮問委の賛否が)僅差で、私自身が投票するとしたら賛成だったことも決定に反映した」と説明した。

FDAは22日、65歳以上と重症化リスクの高い人、感染リスクの高い職に就く人を対象に、ファイザー製の追加接種を承認している。

バイデン氏は、「1回もワクチンを接種していない人が7000万人もいる。誤情報を拡散する人もいて、受け入れがたい」と述べ、未接種者へのいら立ちもみせた。ワクチン接種を完了した米人口の割合は55%にとどまっている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン