/

この記事は会員限定です

ショート動画、急成長TikTokに対抗 メタやYouTube

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】「ショート動画」などと呼ぶ短い動画を撮影・共有するサービスをめぐる企業の競争が激化している。中国発のTikTok(ティックトック)の利用者が急増し、企業が広告に活用する事例が増えてきたためだ。米メタやユーチューブを運営する米グーグルが対抗の動きを強め、インターネットの新たな主戦場になりつつある。

「きっかけは昨年11月、韓国風アメリカンドッグを愛犬と一緒に食べる動画を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン