/

バイデン氏「ロシアに断固とした措置」 ウクライナ巡り

(更新)

【ワシントン=中村亮】ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部で特別軍事作戦を実施すると発表したことを受け、バイデン米大統領は米東部時間23日の声明で「米国と同盟国は連携して断固とした措置を取る」と強調した。「ウクライナに対する正当な理由のない不当な攻撃だ」と厳しく非難した。

バイデン氏は声明で「プーチン氏は悲劇的な死と苦しみをもたらす計画的戦争を選んだ」と批判し「ロシアのみがこの攻撃による死と破壊の責任を負う」と訴えた。「世界がロシアに責任を取らせる」とも主張した。

バイデン氏は同日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話で協議した。ホワイトハウス当局者が明らかにした。ロシアによるウクライナ侵攻開始を受けて対応を協議したとみられる。

バイデン氏は24日に開く主要7カ国(G7)の首脳協議後、国民向け演説を実施し、ロシアに対する追加の対抗措置を発表すると説明した。「北大西洋条約機構(NATO)加盟国とも連携して強力かつ連携した対抗措置を講じ、加盟国に対するいかなる攻撃も抑止する」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン