/

この記事は会員限定です

米国債市場に流動性不安 高速売買台頭、ルール整備後手

ニューヨーク=斉藤雄太

[有料会員限定]

世界最大の発行規模を誇る米国債市場の意外なもろさに警戒感が高まっている。国債市場の担い手の変化に当局の対応が追いつかず、流動性が急減するリスクがあることが鮮明になってきた。金利が乱高下すれば、米連邦準備理事会(FRB)の出口戦略に影を落とす。

「短期金利やスワップ取引のボラティリティー(変動率)が目に見えて大きくなった。多くのヘッジファンドが急変動で損失を抱えて取引を控え、流動性が細っている」。米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「Market Beat」は世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン